おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 人工透析の合併症

人工透析の合併症

日本透析医学会が調査した「わが国の慢性透析療法の現況」によると、透析を受けている方の死因の1位は「心不全」。2位が「感染症」、3位が「脳血管系疾患」となっています。この3つの疾患は順位がときどき入れ替わってはいるものの、近年の死亡原因としては不動となっています。

つまり、人工透析の方は腎不全が進行して亡くなっているのではなく、合併症によって命を落としていることが分かります。人工透析を長く続けていくためには、これらの合併症について詳しく知り、日頃からの予防意識を高めることが重要です。

脳血管系疾患

脳出血をはじめとする出血性脳血管疾患、脳血栓・脳梗塞といった虚血性脳血管疾患は、生命をおびやかすだけでなく後遺症が残ることもあるため注意が必要な疾患です。どんな方が脳血管系疾患を起こしやすいのか、どのような心がけで防ぐことができるのか、脳血管系疾患についての情報をまとめました。

人工透析と脳血管系疾患の
関係を見る

心血管系疾患

人工透析の方は尿の量が少ないため、老廃物や水分が体に溜まって心臓に負担がかかりやすくなっています。そのため、心不全・虚血性心疾患といった心血管系疾患を起こしやすくなっているのです。命にかかわるケースが非常に多くなっているため、原因と予防法をしっかり知っておきましょう。

人工透析と心血管系疾患の
関係を見る

感染症

人工透析患者の死因で2位となっている感染症。人工透析を受けている方は食事制限などがあるため体力・免疫が落ちやすく、定期的に血管へ針を刺すため細菌感染のリスクが高くなっているのです。ここでは、人工透析の方がかかりやすい感染症や、その予防法についてまとめています。

人工透析と感染症の
関係を見る

透析不均衡症候群

透析不均衡症候群とは、透析中や終了後に頭痛・吐き気・脱力感といった症状が見られるもの。人工透析を始めてすぐの方に多いですが、基本的には何度か透析を繰り返すことで症状も治まっていきます。ここでは透析不均衡症候群の原因や、症状を抑えるための取り組みについてまとめています。

透析不均衡症候群について見る

透析アミロイド症

透析アミロイド症とは、血液透析で除去しにくいベータ2ミクログロブリンという物質が引き起こす症状。関節の痛みや手足のしびれといった症状が見られますが、どのような仕組みでこの症状が起こるのでしょうか。予防法とともに確認しておいてください。

透析アミロイド症について見る

■参考元
日本メジフィジックス株式会社
https://www.nmp.co.jp/public/dialysis/important/index.html

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。