おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 人工透析の合併症 » 二次性副甲状腺機能障害

二次性副甲状腺機能障害

ここでは、人工透析の合併症として発症しやすい「二次性副甲状腺機能障害」について原因や症状、予防法をご紹介しています。

二次性副甲状腺機能障害とは

慢性腎不全などによりリンが腎臓から排出されなくなると高リン血症に陥ります。

リンの値が高くなると、腸でのカルシウムの吸収が悪くなり、血中のカルシウム濃度が低下してしまいます。これを避けようと、副甲状腺から副甲状腺ホルモン(PTH)という物質を分泌。

その結果、血中のカルシウム濃度が許容値よりも高くなります。

この状態を「二次性副甲状腺機能障害」といいます。

副甲状腺ホルモンが分泌され続けると骨を溶かして、骨がもろく骨折しやすい状態に。このような状態を避けるためにも適切な治療が必要です。

二次性副甲状腺機能障害の原因

二次性副甲状腺機能障害の原因は、副甲状腺自体に原因があるわけではなく、慢性腎不全などにより副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうのが原因です。

慢性腎不全の患者さんは、腎臓でのリンの排出やビタミンD3の活性化ができない状態になります。

この状態が進行すると、血中のカルシウム濃度が低下し、リンの値が上昇してしまいます。

最終的には副甲状腺を刺激し、副甲状腺ホルモンの分泌が過剰になり「二次性副甲状腺機能障害」に陥ります。

二次性副甲状腺機能障害の症状について

二次性副甲状腺機能障害に陥ると、血中のカルシウム濃度が異常に高くなり、骨自体のカルシウム濃度が低下するため、骨がもろくなり「繊維性骨炎」を引き起こします。

繊維性骨炎に陥ると、骨痛や骨変形・病的骨折などの症状が現れます。

また、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることにより、さまざまな場所にカルシウムが沈着。

その結果、動脈硬化や弁膜症、関節炎なども引き起こすケースも。

定期的にカルシウムやリン、副甲状腺ホルモンの値を診断することが重要です。

人工透析の合併症「二次性副甲状腺機能障害」の予防と治療

二次性副甲状腺機能障害を予防するためには、食事療法やリン吸着剤などを内服し、リンの値を下げることや、不足している活性型ビタミンD3を補うことが重要です。

リンやカルシウムを徹底管理した上で副甲状腺ホルモン(PTH)を調整することで症状の悪化を防ぎます。

治療法としては、十分な透析治療・リン吸着剤の使用にて、リンやカルシウムの値をコントロールします。

以下の薬剤を状況によって、使い分けることで治療を進めます。

上記方法で内科的治療を行なったにもかかわらず、症状が改善しない場合や副作用等で治療の継続が難しい場合には「手術療法」が実施される場合もあります。

手術療法では、副甲状腺を摘出し、摘出した副甲状腺の一部を前腕などに移植する方法が一般的に採用されています。

透析治療を行う患者さんは、透析治療を行なっている担当医師と治療計画を相談されることをおすすめ致します。

二次性副甲状腺機能障害は、軽度の段階であれば食事療法や服薬治療で対応できる場合もございます。

進行すると、骨がもろくなり「繊維性骨炎」や「動脈硬化」、「弁膜症」を引き起こしかねませんからお早めに対策を講じてください。

二次性副甲状腺機能障害の検査では、血液中のカルシウムやリン、副甲状腺ホルモンの値を測定することで判断できます。

定期的に二次性副甲状腺機能障害の検査を受けて、予防や症状の進行を抑えることが必要です。

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。