おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 特集:人工透析と共に酵素を取り入れるという考え方 » なぜ腎臓に酵素が必要?

なぜ腎臓に酵素が必要?

酵素が腎臓病にどのような効果をもたらすのか、酵素の特徴や働きから掘り下げてみました。

腎臓の負担を減らすには酵素が必要

腎臓は血液中の老廃物を濾過したり、余分な水分を取り除いて水分バランスを維持するといった機能を持っています。しかし、不規則な生活・乱れた食習慣・高血圧などが続くと血液中の老廃物・水分が増え、腎臓への負担が増加して次第に機能が低下。最悪の場合腎不全に陥り、人工透析が必要となってしまいます。

では、腎臓の負担はどうやって軽減したらよいのでしょうか?そのためには、腎臓の仕事量を少なくすることが大事。体内の老廃物を極力減らすよう心がければ、腎臓の負担も自然と軽くなっていきます。そこで重要となるのが酵素です。

酵素は、体内での消化・吸収・代謝・排泄・運動・免疫といったさまざまな反応に関与している物質。しかし、偏った食生活・疲労・ストレス・加齢などで体内の酵素が不足すると消化や排泄がスムーズに行われなくなり、老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。つまり、体内酵素の量を十分に確保し、消化・吸収・代謝・排泄といった機能をしっかりと働かせることが、腎臓機能の保護につながると考えられます。

以下に、想定される酵素の腎臓への働きをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

消化酵素で消化をサポートすることで腎臓への負担を軽減

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、その中の1つである消化酵素は、取り入れた食物を分解・吸収しやすい形にするという役割を持っています。

消化酵素には、炭水化物分解酵素であるアミラーゼ、たんぱく質分解酵素であるプロテアーゼ、脂質分解酵素であるリパーゼがあり、それぞれが適切に働くことで消化・吸収が正常に機能。つまり消化酵素が十分に機能すれば老廃物の量も減り、腎臓への負担も軽くなると考えられます。

エネルギーを効率よく使えるようになる

消化酵素の働きによって分解された栄養素は、小腸で吸収されてエネルギーへと変換されます。体内に十分な酵素があるとエネルギー量が増え、あらゆる細胞が効率よく動ける環境が実現。体内に蓄積している老廃物の分解・排泄といった機能が向上し、腎臓の仕事量を減らすことができると考えられます。

便秘解消

便秘になると腸内で悪玉菌が増殖し、体に有害な物質を生成。有害物質は腸壁から吸収されて血液へと入り、腎臓にもダメージを与えることになります。

そんな悪玉菌を抑制するのが善玉菌ですが、体内の酵素量が少ないと善玉菌を十分に生成・機能させることができず、悪玉菌が増えてしまいます。これを防ぐためにも、酵素の十分な摂取が必要なのです。

生きたまま酵素とは

生きたまま酵素とは、極めて高い酵素活性が第三者機関によって確認されている酵素のこと。

腎不全の原因となる糖尿病の改善効果も認められているので、ぜひチェックしてみてください。

酵素のエビデンスを詳しく見る

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。