おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 仕事と人工透析を両立させている方の体験談 » 50代の体験談

50代の体験談

ここでは、50代で人工透析と仕事を両立している方の体験談をご紹介しています。

食事管理で自分を律しています/Sさん・教員

私は遺伝性の腎不全で、8年ほど人工透析を続けています。通院での血液透析を1回4時間、週3回のペースです。医師から透析の時間を5時間に増やすことも打診されたのですが、仕事の関係で断念。仕事の終業時間は16時30分なので夜間透析にはなんとか間に合うのですが、定時であがれるとは限らないですし、透析後にやるべきこともあるので4時間を維持しています。

食事制限については、自分なりに厳しく続けています。症状は落ち着いていると言われているのですが、やはり緊張感がないと現状をキープできないと思っているので。学校での給食も半分程度に抑えていますので、一般の成人男性に比べたら食事の量は半分以下ではないでしょうか。

それでも体はつらいので、透析の日が今では待ち遠しいですね。除水量をリセットすれば食事制限・水分制限もある程度は楽になりますし…。本来は来たくないはずの病院が好きになるのには葛藤もありますが、これもひとつの形かなと思ったりしています。

■参考元:NPO法人腎臓サポート協会 腎臓病なんでもサイト
https://www.kidneydirections.ne.jp/kidney_info/experience/pdf/expe_90.pdf

おしごとうせき編集部より

経過が順調であっても、自分に厳しく食事制限を行っているSさん。人工透析における体調維持は自己管理にかかっているといっても過言ではないため、腎臓への負担をできるだけ減らせるような食事管理をしていきたいものです。

食事も休養もバランス第一!/Iさん・イラストレーター

20代でネフローゼ症候群と診断されており、40代で人工透析を始めました。透析は週に3日受けていますが、イラストレーターという職業柄徹夜に近い仕事も多いため、透析の時間は休養や睡眠にあてて両立しています。

在宅仕事で運動量は多くないので、エネルギーよりもリン・カリウムの摂取量に気を配っています。仕事の関係で外食することも少なくないので、外食がある日は朝食をできるだけ減らしたり、昼食や夕食で食べすぎたら翌日の食事で調整してバランスを取っています。

自宅での食事は家族と同じものですが、自分の分は小さく切ってお皿に盛りつけるようにしています。外食をするときは大皿料理を頼み、シェアすることで食べすぎを防いでいますね。ちょっとした工夫をすればみんなと同じ食事を楽しめるので、おすすめです。

■参考元:~笑顔でいきいき~透析新ライフ
https://www.kissei.co.jp/dialysis/interview/06.html

おしごとうせき編集部より

食べ過ぎたら翌日の食事で調整するなど、バランスを第一に考えてムリなく食事管理を行っているIさん。Iさんのアイデアであれば「人工透析だから食べられない」といったストレスが少なく、楽しく体調管理を続けられそうですね。

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。