おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 仕事と人工透析を両立させている方の体験談 » 60代の体験談

60代の体験談

ここでは、人工透析を続けながら仕事をしている60代の方の体験談をご紹介しています。

妻の食事管理のおかげで仕事も順調/Kさん・会社経営

これまで大きな病気をしたことがなく、69歳のときに受けた健康診断でも異常なしと思っていたのですが、娘がクレアチニン値の高さに気がついたことから腎臓病が発覚。人工透析を導入する際も、娘のすすめで血液透析ではなく腹膜透析を選びました。ただ、最初にかかった病院が腹膜透析に乗り気ではなかったため、紹介状をもらって大学病院へ行き、そこで腹膜透析を導入しました。

透析導入前は非常に体調が悪かったのですが、腹膜透析を始めてからとても調子がいいです。すでに導入から3年経っていますが尿量も1,500mlを維持できていますし、妻が食事管理をしてくれているので、水分もカロリーもしっかり管理できていると褒めれられています。

腹膜透析は自宅でできますから、もちろん仕事も両立できています。自宅の下が経営する会社の事務所になっているので、通勤には支障がないですね。週に5日はしっかりと仕事をし、週末は妻と旅行も楽しめています。

■参考元:~笑顔でいきいき~透析新ライフ
https://www.kidneydirections.ne.jp/kidney_info/experience/pdf/expe_95.pdf

おしごとうせき編集部より

腹膜透析で、良好な状態を維持しているKさん。奥さまのしっかりとした食事管理のおかげもあり、仕事も旅行も両立できているのが素晴らしいですね。人工透析には周囲のサポートが不可欠であることを思い知らされる体験談です。

腹膜透析でフルタイム勤務を続けました/Yさん・会社員

フルタイム勤務だったので通院での透析が難しく、睡眠中に自動で透析を行うAPDという腹膜透析を選びました。腹膜透析に必要なカテーテル挿入の手術を受けたのですが、3か月くらい痛みが続き、その間の仕事はさすがにつらかったですね。痛みが取れてからは前より体調がよくなり、透析のおかげで残業や会議もこなせるようになりました。それから腹膜透析を続けながら7年勤めあげ、退職した今は病院で血液透析を受けています。

腹膜透析は血液透析に比べるとカリウム・水分などの制限がゆるめなので、食事での負担はあまり感じませんでした。ただ、退職後に血液透析への移行を考えていたため、できるだけ塩分・水分は摂りすぎないよう気をつけていました。よい病院を選び、自己管理をしっかりと行えば、透析中でも十分に生活を楽しむことができますよ。

■参考元:一般社団法人 全国腎臓病協会
http://www.zjk.or.jp/jinyuukai/experiences/dialysis-treatment/index.html

おしごとうせき編集部より

寝ている間に行えるAPD(自動腹膜灌流透析)で、仕事と透析を両立したYさん、APDは就寝時に自動で透析を行ってくれるため、日中は普段と同じ生活を送れるのがメリットですね。血液透析への移行を考慮した食事管理の意識も見事です。

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。