おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 仕事と人工透析を両立する3つのパターン

仕事と人工透析を両立する3つのパターン

人工透析とは、腎機能が低下して体内の老廃物や水分を取り除けなくなった人が受ける治療。定期的に受けないと命にかかわるため、多くの透析患者は1回4時間・週3回のスケジュールで人工透析を受けています。

医療施設における透析の時間は決められているため、その時間に通院することが必要。働き盛りの世代にとっては、仕事との両立が非常に難しくなっています。しかし、現在では仕事をしながらでも透析が受けられるよう、いくつかの透析方法が設けられています。人工透析はほぼ永久的に受け続けるものなので、自分のラフスタイルに合わせ、ムリなく続けられる方法を選ぶようにしましょう。

早めに退社できる勤め仕事なら「通院による夜間透析」

夜間透析とは、夕方の時間帯から開始される透析のこと。一般的に17~18時頃に始まることが多く、22時前後に終了します。この夜間透析は、昼間仕事をしていて決まった時間に退社できる、早退などで少し早めに仕事を切り上げられる、残業が少ないといった仕事の方に向いています。ここでは夜間透析のメリット・デメリットはもちろん、夜間透析の体験談なども掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

通院による夜間透析を詳しく知る

18:00以降まで勤め仕事をしているなら「オーバーナイト透析」

オーバーナイト透析とは、寝ている間に医療施設で透析を行い、朝に起床してから帰宅する方法です。透析開始時刻は21~23時となっているため、18時以降まで勤務がある、もしくは残業が多いといった仕事の方でもムリなく透析を受けることができます。ここでは、今注目されているオーバーナイト透析のメリット・デメリットを詳しく解説。オーバーナイト透析の体験談についてもまとめています。

オーバーナイト透析を詳しく知る

在宅・自営業で1日の内に自由な時間があるなら「在宅透析」

在宅透析とは、その名の通り自宅で透析治療を行う方法。自分自身で機械の管理や穿刺などを行う必要がありますが、生活スタイルに合わせて自由に透析ができるため、自営業やフリーランスといった仕事の方に向いています。ここでは、そんな在宅透析のメリットやデメリット、注意点、実際の体験談などをご紹介しています。

在宅透析を詳しく知る

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。