おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 人工透析の種類、それぞれのメリット・デメリット » 腎臓移植手術の費用 » 特定疾病療養受療証

特定疾病療養受療証

特定疾病療養受療証とは?

特定疾病療養受療証とは、厚生労働大臣指定の特定された疾病を治療する際において、その医療費に対しての助成を受けることができる制度です。治療費が高額で治療に要する期間が著しく長く、継続して治療をおこなわなければならない疾病が対象となっています。

通常、医療機関を受診して健康保険証を提示した場合、年齢や所得によって異なりますが自己負担額は3割または2割です。「特定疾病療養受療証」を健康保険証と一緒に提示することで、自己負担額の上限が設定されるため、長期にわたる治療費の負担額を抑えることができます。特定疾病療養受療証で医療費の上限が設定されるのは、同じ月・同じ医療機関での窓口支払額です。

人工透析が必要な腎不全の治療は長期にわたり、また医療費も高額になります。特定疾病療養受療証を健康保険証と一緒に提示することにより、同一の医療機関を受診した場合の1か月の負担を一定額におさえることができるので、必ず申請をおこないましょう。

特定疾病療養受療証が利用できる条件

    特定疾病療養受療証が利用できるのは、次の疾病の治療です。

    人工透析治療において、特定疾病療養受療証が利用することにより、同一の医療機関での自己負担限度額が1か月で10,000円、もしくは20,000円になります。自己負担額の上限金額は、年齢や所得によって異なります。

    自己負担限度額が20,000円になる方

    ※上位所得者とは

    国民健康保険は年間所得が600万円を超えている方、社会保険の場合は月収約53万円以上の方を指します。

    自己負担限度額が10,000円になる方

    なお、75歳以上の方や政令で定める程度の障害の状態にある65~74歳の方は、後期高齢者医療制度も同時に使用可能です。都道府県ごとに設置されている後期高齢者医療広域連合に申請することで、負担上限額が5,000円になります。

    特定疾病療養受療証の申請方法

    特定疾病療養受療証の申請には、加入中の医療保険者窓口で必要書類を提出する必要があります。

    申請に必要なもの

    特定疾病療養受療証交付申請書には、担当医師の記載と捺印が必要です。申請する窓口は、加入している保険の種類によって異なります。

    ・国民健康保険の方

    区市役所や町村役場の国民健康保険課

    ・社会保険の方

    各健康保険組合や全国健康保険協会

    ・後期高齢者医療被保険者証

    区市役所や町村役場の後期高齢者医療制度担当

    ・国民健康保険高齢受給者証の方

    区市役所や町村役場の国民健康保険課

    ・健康保険高齢受給者証の方

    各健康保険組合や全国健康保険協会

    特定疾病療養受療証は、申請手続きが終わるとすぐに発行されます。有効日は、手続きをした月の1日からです。自己負担限度額については、受領証に記載されています。発行完了後、更新などの手続きは必要ありません。

    特定疾病療養受療証を使った場合と使わなかった場合の費用差

    人工透析にかかる医療費が外来で月400,000円の場合、特定疾病療養受療証を使用すると次のような助成を受けられます。

    通常の保険適用では、1か月にかかった40万円のうち3割の120,000円が自己負担額となります。保険証と一緒に特定疾病療養受療証を提出することによって、そのうちの110,000円が助成され、自己負担額は10,000円となります。

    まとめ

    特定疾病療養受療証は、人工透析治療を受けている人にとってはとても大きな助成を受けられる制度です。治療期間が長期にわたる人工透析治療にとって、月々の負担額が一定上限よりもかからないことは、大きな支えになります。

    助成される範囲は年齢や所得によって異なりますが、上位所得者であっても上限が20,000円になるため、助成される範囲がとても大きいと言えます。上位所得者以外の方や後期高齢者の方はさらに上限金額が低くなるため、治療を受けていくにあたって必ず申請しておきたい制度です。

    申請後すぐに発行されて有効日も発行手続きをした月の1日からになるため、人工透析治療が始まることが決まり次第すぐに申請の準備をすることが推奨されます。申請するための窓口は加入している保険の種類によって異なるため、適切な窓口で問い合わせ・申請手続きをおこなうようにしましょう。

    特集

    人工透析と共に
    酵素を取り入れる

    腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
    酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。