おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 人工透析の種類、それぞれのメリット・デメリット » 腎臓移植手術の費用 » 東京都医療費助成制度

東京都医療費助成制度

東京都医療費助成制度とは?

「東京都医療費助成制度」は、東京都が医療費の一部を助成してくれる制度のことで、障害や疾病ごとにさまざまな種類があり、助成される金額や受付となる窓口、申請方法などの内容も異なります。

人工透析を必要とする腎不全の場合は、人工透析医療費助成を受けることができます。人工透析医療費助成は、入院時の食事療養・生活療養標準負担額や介護保険適用のサービスを受けた時の費用は対象外になりますが、人工透析にかかる保険適用の医療費の自己負担額を助成してくれるものです。

助成金は1カ月あたり1万円までとなりますが、特定疾病療養受療証を利用した際の自己負担額1万円を助成してくれるので、人工透析にかかる実質的な自己負担額を0円にすることが可能になります。

また特定疾病療養受療証の適用のない医療費も対象外になりますので、人工透析の治療を受ける際には、「東京都医療費助成制度」と特定疾病療養受療証の制度を併用して、自己負担額を最小まで軽くすることをおすすめします。

東京都医療費助成制度が利用できる条件

「東京都医療費助成制度」で人工透析にかかる自己負担分の助成を受けるには、医療費助成の申請をして東京都から「マル都医療券」を交付してもらう必要があります。

助成の対象となる費用は、都民を対象に、マル都医療券の有効期間内に受けた人工透析にかかる保険適用の医療費で、特定疾病療養受療証が適用された後の自己負担額です。入院・外来ごとに1医療機関あたり月額10,000円限度になります。

対象外となる費用は、

なので「特定疾病療養受療証の適用を受けた人工透析のみにかかる保険適用された医療費」が対象になると考えるとわかりやすいでしょう。

東京都と契約していない医療機関などは「マル都医療券」を扱っていない場合もあるので、その際は窓口で支払いをした後、東京都に払い戻しを請求することができます。

東京都医療費助成制度の申請方法

東京都の人工透析医療費助成を受けるためには、事前に必要書類をそろえて、お住まいの区市町村の保健所などに申請して手続きを行います。

<申請に必要な書類>

申請すると「マル都医療券」を交付されるので、健康保険証、特定疾病療養受療証等と一緒に医療機関の窓口に提出すると助成を受けることができます。「マル都医療券」は申請書を区市町村の窓口に提出した日から有効になりますが、発行には1ヶ月から2ヶ月程度かかるので、人工透析の治療を始める際には早めに申請するようにしましょう。

東京都外の医療機関を利用した場合や、「マル都医療券」が発行されていない期間にかかった医療費の自己負担額は、東京都に請求することによって払い戻しを受けることができます。

申請に必要な書類や払い戻しの請求書などは、市区町村の担当窓口でもらうこともできますし、東京都福祉保健局のホームページからダウンロードすることもできます。

東京都医療費助成制度を使った場合と使わなかった場合の費用差

「東京都医療費助成制度」の人工透析医療費助成は、特定疾病療養受療証の適用を受けた人工透析にかかる保険適用された医療費の自己負担額を助成するもので、その限度額は1医療機関あたり月額10,000円限度です。

特定疾病療養受療証の適用を受けた医療費の自己負担額は上限が1万円なので、人工透析医療費助成を併用することで自己負担額をゼロにすることができます。
※上位所得者は特定疾病療養受療証の適用後の自己負担額の上限が2万円なので、実質的な自己負担額は1万円になります。

外来血液透析:約40万円

保険適用により自己負担額は3割の12万円、そこから特定疾病療養受療証が適用されて自己負担額は1万円になりますが、「東京都医療費助成制度」の人工透析医療費助成によりさらに1万円が助成されて自己負担額は0円になります。
※上位所得者の場合、最終的な自己負担額は1万円。

腹膜透析(CAPD):30~50万円

保険適用と特定疾病療養受療証の適用により自己負担額は1万円、「東京都医療費助成制度」の人工透析医療費助成によりさらに1万円が助成されて自己負担額は0円。
※上位所得者の場合、最終的な自己負担額は1万円。

1回あたりの透析費用:3万円前後

保険適用と特定疾病療養受療証の適用により自己負担額は1万円以下、「東京都医療費助成制度」の人工透析医療費助成によりさらに1万円が助成されて自己負担額は0円。

まとめ

「東京都医療費助成制度」にはいろいろな種類がありますが、人工透析を必要とする腎不全の場合は、人工透析医療費助成を利用して自己負担額を実質的にゼロにすることも可能です。ただそのためには保険適用と特定疾病療養受療証の適用が条件になりますので、先に特定疾病療養受療証を取得しておく必要があります。

人工透析医療費助成は、申請したその日から有効になりますが、「マル都医療券」の発行には時間がかかりますので早めに手続きすることをおすすめします。

「マル都医療券」が発行されていない期間や、扱っていない医療機関を利用した場合でも、後から東京都に請求して助成金を受け取ることができるので、ぜひ利用をご検討ください。

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。