おしごとうせき あなたのお仕事に寄り添う人工透析を » 仕事と人工透析を両立させている方の体験談 » 40代の体験談

40代の体験談

ここでは、人工透析と仕事を両立している40代の方の体験談をご紹介しています。

つらい治療をゲーム感覚で乗り切りました/Aさん・会社員

起床したら突然体が動かなくなっており、急いで病院を受診。そこで急性腎不全という診断を受けました。すでに腎臓はほとんど動いていない状態で、そのまま入院。人工透析になるのもショックでしたが、仕事を辞めざるを得なかったのもショックでしたね。

しかし、同居している母を残して死ぬわけにはいきません。「健康になるためのゲームをしている」と思い込むことで、この難局を乗り切ることにしました。体にいいことをしたらポイントアップ、悪いことをしたらゲームオーバーといった具合です。人工透析の導入当時はあまりにもつらくて絶望しかけましたが、この考え方で何とか乗り越えることができました。

食事療法では塩分制限が厳しかったですが、もともと濃い味付けは苦手だったので、あまりつらさはなかったです。入院中の検査でリンやカリウム値の変化を見てもらいましたが、大きく食生活を変えることはないと聞いてひと安心。しかし、体調維持のために退院後も水分や食事の量には気を配っています。

おかげで現在では再就職も決まり、事務系の仕事をしながら生活ができています。通院のための早退や、体調が悪いときの欠勤などにも理解のある会社なので、とても助かっています。

■参考元:~笑顔でいきいき~透析新ライフ
https://www.kissei.co.jp/dialysis/interview/05.html

おしごとうせき編集部より

つらい治療をゲーム感覚で前向きに乗り切ったAさん。もともと薄味の料理が好きだったこともあり、透析開始後の食生活にも大きな変化はなかったようですが、やはり体調維持のための食事管理はとても重要であることが分かりますね。

困ったときは周りに頼ることが大事/Nさん・会社員

3歳で慢性腎炎となり、18歳で人工透析を導入しました。人工透析を受けながら大学を出て電気メーカーに就職しましたが、夜間透析のために週2回ほど17時に退社する必要があったんです。その当時は「人工透析を受けているから業績があがらない」と思われたくなくて、休日出勤などで穴埋めをしていました。

しかし、ムリをすると体調が崩れて翌日の仕事に響くことが多く、これは本末転倒であると思うようになりました。病気に甘えることはよくないですが、ムリをするのもやはりよくありません。大切なのはバランスです。頼るべきときは頼る、そういった体制づくりが大切だと考えました。

職場の仲間もそれぞれいろんな事情があるので、いざというときはお互いサポートし合えるよう、コミュニケーションを密にとるよう心がけましたね。幸い、理解の深いチームメイトに恵まれたため、仕事も透析も両立できて本当によかったと思っています。

■参考元:~笑顔でいきいき~透析新ライフ
https://www.kissei.co.jp/dialysis/interview/03.html

おしごとうせき編集部より

人工透析のための通院にはある程度の時間が必要なので、場合によっては早退や欠勤するケースも出てきます。そのためには職場の理解が不可欠。普段からしっかりとコミュニケーションをとり、透析について知ってもらうことが大切ですね。

特集

人工透析と共に
酵素を取り入れる

腎臓への負担をできるだけ軽くするためには、体内の老廃物を減らすことが重要。そのために必要と考えられるのが酵素です。
酵素は消化・吸収・代謝・排泄といった生命活動に必要不可欠なもの。体内の酵素を増やすことが腎臓を助けることにつながると考えられるのです。